Daring Cities 2020’s sessions by Japan

Even as the COVID-19 pandemic rages on, the climate crisis continues to impact our cities, towns and regions around the world. Daring Cities is the global, action-oriented virtual forum, designed by ICLEI and the city of Bonn, to empower urban leaders – such as mayors, city councilors, administrators, and urban thought leaders, as well as national government representatives, researchers, technical staff, business leaders, civil society decision-makers and community organizers – to tackle the climate crisis, especially in light of the COVID-19 pandemic. Running from 7 to 28 October 2020, Daring Cities features ambitious global action in a variety of time zones, languages, and formats.

ICLEI will host corporately with IGES and the Ministry of the Environment Japan (MOEJ) two sessions on the “Daring Cities 2020”.

Driving the Green Recovery and Redesign: Embedding Local Climate Action at the Heart of Economic Stimulus Packages – Session 1

21 October @ 10:00 – 11:30 UTC+2/ 17:00 -18:45 JST

On 21 October, ICLEI, IGES and the Ministry of the Environment Japan (MOEJ) will host a session at the “Daring Cities 2020” Forum. Kazuhiko Takeuchi, President of IGES, will provide a keynote speech which focuses on the Redesign2020 Platform. The session aims to highlight details of the concept, share the outcomes of High Level Launch and focus on the options for collaboration with local and regional policymakers on the road to COP26.

We will have a message for redesign from the Minister of the Environment, Mr. Koizumi, and the Mayor of Yokohama City, Mr. Hayashi, will speak at the roundtable.

Registration form is hear

program is hear

Pathways to Zero: Climate Change and Redesigning Cities (Responding, Recovering and Redesigning in the Face of COVID-19)

22 October @ 10:00 – 12:00 UTC+2/ 17:00 -19:00 JST

Decarbonization is indispensable part of the realization of better recovery from COVID-19, and challenge is to create a virtuous cycle of society and economy towards decarbonization.
The purpose of this session is to share the merits and challenges of pioneering actions, among local governments including ICLEI’s members that are promoting efforts toward decarbonization.

Registration form is hear

program is hear

Towards Adopting a Renewed Decision on Local and Subnational Governments at the Biodiversity COP

22 October @ 16:00 – 17:30 UTC+2/ 23:00 – 24:30 JST

This event will take the form of a high-level political session, convened by ICLEI Cities Biodiversity Center, to discuss the critical role of local and subnational governments in the implementation of the Post 2020 Global Biodiversity Framework (GBF), which will be adopted at the 15th Conference of the Parties (COP 15) of the CBD in Kunming, China in 2021.

ICLEI GLOBAL’s Article


COVID-19の大流行が続く中、気候危機は世界中に影響を与え続けています。Daring Cities 2020は、イクレイとドイツ・ボン市が企画した国際オンラインフォーラムで、市長、市議会議員、行政、都市の思想家、政府代表、研究者、ビジネスリーダー、市民、コミュニティの主催者など、都市のリーダーたちが、特にCOVID-19の大流行を考慮して気候危機に取り組むことを目的に、2020年10月7日から28日まで開催しました。

イクレイは環境省及びIGESの協力のもと以下のセッションを開催しました。

10月21日(水)17:00~18:45 

ハイレベルセッショングリーン・リカバリーとリデザインの推進」

国内外の先進的な取組を行う自治体の参加のもと、「オンライン・プラットフォーム」閣僚級会合(9月3日)での議論を踏まえ、自治体がコロナ禍からのよりよい復興を発展的に具現化するために不可欠な脱炭素化へのプロセスについて議論しました。

パトリシア・エスピノサ UNFCCC事務局長やルワンダ環境管理庁、デビッド・ドッドマン 国際環境開発研究所(IPCC 第6次評価報告書執筆者)等によるコメントがありました。

日本からは小泉環境大臣にリデザインについての特別講演、武内和彦 IGES理事長から基調講演をいただいた後、ラウンドテーブルでは、横浜市の林市長から横浜市の取組みについてご紹介いただきました。セッションの様子をyoutubeで視聴することができます。

議事次第

  • 特別講演「リデザイン」について(小泉進次郎 環境大臣)
  • UNFCCCからのコメント
  • 基調講演「リカバリー・レスポンス・リデザイン」(武内和彦 IGES理事長)
  • ラウンドテーブル(林文子 横浜市長、韓国、モロッコ、トルコ、フィリピン、マレーシアの市長)

 

10月22日(木)17:00~19:00

自治体セッションゼロへの道:気候変動と都市の再設計」

日本の150以上の自治体が、ゼロカーボンシティを表明しています。ゼロカーボンの実現は、COVID-19からのより良い世界への回復(グリーン・リカバリー)に不可欠であり、社会と経済が脱炭素化へ向かう良い循環を生み出すことが課題となります。
このセッションでは環境省によるASEAN各国自治体へのこれまでの支援を通じた取組の紹介と脱炭素化に向けた自治体の先進事例、及び先進的な行動を起こすことのメリットと課題を共有しました。
環境省 地球環境局 国際協力・環境インフラ戦略室長の杉本留三氏によるフレーミングプレゼンテーションの後、パネルディスカッションで、日本から東京都豊田市さいたま市京都市、川崎市がそれぞれの地域での取組みを発表し、リデザインの次のステップ、課題を共有しました。セッションの様子をyoutubeで視聴することができます。

議事次第


10月22日(木)23:00~24:30 

生物多様性COP15での自治体に関する新たな決議に向けて

このセッションは、ポスト愛知目標の実施における地方自治体の重要な役割について議論するハイレベルな政治的セッションとして開催されました。
Zhang Xinsheng 国際自然保護連合(IUCN)代表による基調講演の後、スコットランド政府関係者がエジンバラ宣言への署名を呼びかけ、続いてモントリオール市関係者が生物多様性条約の地方政府及び自治体に関する決議改定を求める演説を行いました。EU地域委員会及びRegions4幹部からも支援表明がありました。
日本の自治体の代表として、愛知県大村秀章知事からもメッセージを発信していただきました。
セッションの様子(英語)を以下のサイトで視聴することができます。

10月21日・22日|イクレイ日本 Daring Cities 2020イベントのご案内